Twitterでなりすまし被害をうけたら

twitterなりすまし

Twitterなりすまし被害が拡大中

多くの人が利用しているTwitterですが、他人になりすます被害が増えています。以前は芸能人やスポーツ選手など有名な人がなりすまし被害に遭うことが多くありましたが、最近では一般の人にも被害が及んでいます。自分と勘違いされるようなつぶやきをされたり、プロフィールに自分の画像を勝手に使われたりします。

なりすまし被害をうけたら

Twitterでなりすまし被害をうけたら、まずはアカウントを特定するようにしましょう。時には友人などの知り合いがおかしいと気付いて、連絡をもらって発見されることもあります。アカウントを特定するには、Twitter内の検索機能を使ったりエゴサーチを利用するのがおすすめです。

それからTwitterの運営者に、なりすまし被害を通報します。通報を受けたTwitterの運営者は、ルールに基づいて庁舎を行います。そこでなりすまし行為が発覚したら、そのアカウントは凍結されます。アカウントが凍結された後は、全てのつぶやきが公開されなくなるの被害の拡大を防ぐことができます。
また、友人や知人、フォロワーなど自分の周囲にもなりすまし被害を受けていることを伝えておきましょう。なりすましアカウントに注意してほしいことを伝えてください。アカウント名やユーザー名、アカウントのスクリーンショットなどもあると説明しやすくなります。

なりすまし被害は、弁護士に相談

それから一度なりすまし被害を受けると、何度も同じような被害を受けてしまうことがあります。Twitterの運営側ではアカウントの特定や凍結は行ってくれますが、その行為を行った人物は特定してくれません。事件性があるような場合には、すぐに警察に相談するようにしましょう。名誉棄損に当たる行為や金銭的な被害が生じているような場合には、弁護士などの専門家に依頼して民事訴訟を起こすこともできます。

Twitterでなりすまし被害にあったら、そのまま放置しておくのはおすすめできません。そのうち止めるだろうと思っていると、逆にエスカレートすることも多いからです。