ネットいじめとは何か

ネットいじめ

ネットいじめとは

ネットいじめとは、暴力など直接危害を与えたりするのとは違い、インターネットのSNSなどを通じてある特定の人物に対して誹謗中傷を行う行為です。

一人で特定の人物に対して悪口や根も葉もない噂を流し続ける人もいれば、強迫じみた書き込みをする人もいます。また複数である人物に対して陰口を書き込むなどの行為もあります。

どちらも本人が気づかなければ大事にはなりませんが、本人が書き込みに気づけば自分が攻撃を受けていると感じ、穏やかではいられなくなるでしょう。

今ではSNSも芸能人が参加しするようになり、何か投稿すればすぐにアンチコメントが投稿されるという芸能人も多く、そのコメントに疲れ果ててしまうと、コメント欄をクローズしたりするなど対策はあります。

過激なコメントが人を傷つける

素人でも芸能人でも、過激な言動があれば、それはほとんどがジョークや軽いノリだったとしても、警察に相談をするべきです。警察は書き込み本人を特定することが出来ますから、すぐに警察へ同行を求められるでしょう。

以前あるタレントが過去の犯罪者であるとネットに書き込まれ、それに賛同するように多くの人が悪口を書き込むという事件がありました。本人は仕事に支障をきたすほどになり、ネットいじめのまさに被害者となりました。

書き込んだ人たちは、全く本人の面識がないにもかかわらず、ただイライラしてやったなどと動機は本当に軽いものだったのです。ネットは自分の身分を明かさずに好きなことを書き込める掲示板もあるので、いろんな考えや思いを世間に伝えるツールではありますが、そこには悪口や陰口が多く書き込まれていることを知るべきです。

また正義と思い書き込んだはずが裁判沙汰になったケースもあります。ある人物が全く関係のない人を容疑者扱いし、それを鵜呑みにしてしまった人物がSNSで拡散希望と書き込んだことがありました。本人は正義で行ったことと認識していましたが、それが誤った情報なら完全にネットいじめとなってしまうのです。