相続が発生したらまず相談をする

税金の仕組みというのはかなり難しくややこしくなっているので、一般の人では理解するのが難しいでしょう。それは相続税であっても例外ではありません。そのため、遺産相続が発生した場合、まず税理士に相談するのが最も確実な方法です。税理士の多くは、初回相談を無料で行っていることが多いので、相続税の支払い義務が発生した場合でもしない場合でもまずは相談をしてみましょう。たとえ相続税の支払い義務が発生しなくても、申告を行う必要はあります。

そのため、税理士への相談は欠かせないと言えるでしょう。税理士に相談する場合、注意するべきことがいくつかあるのですが、それは信頼できるかどうか、相続税の支払いに関する知識があるのか、きちんと節税対策を行ってくれるのか、個人情報をしっかりと保護してもらえるのかという点です。やはり誰であろうとも、信頼できるのかという点が最も重要な判断基準だと言えるでしょう。信頼できない税理士に依頼してしまうと、能力云々の騒ぎではなくなってしまいます。

また、税理士であっても得意な分野と不得意な分野があるので、相続税に関する知識と経験がないといけません。相続税は所得税と同じく節税対策が可能なので、できる限り節税を行ってくれるような税理士に依頼しましょう。そのためには十分な知識がないと話になりません。そして税理士は遺産相続など個人情報を取り扱うので、個人情報をきちんと保護できるということが絶対条件です。逆に個人情報を漏らした場合、賠償や禁固刑になるのが一般的です。

よってこれらの条件を満たしていない税理士には相談してはいけません。確実に相続税が発生するぐらいの遺産を受け取っている場合には、相談をした税理士にそのまま最後まで助けてもらうことが多いでしょうから、税理士選びは慎重に行い、きちんと情報収集をしてから決めるのが普通です。できる限り初回相談は無料になっている税理士を選ぶようにしましょう。大半の税理士は自宅まで来てもらうこともできるので、事務所まで行くか自宅まで来てもらうのかも決めておかないといけません。